黒本
皆さんこんにちは。

武田塾田町校の福山です。

10月も中盤にさしかかり、国立志望の受験生はセンター対策を始められている頃ではないでしょうか。

そこで今回は、センター試験の『過去問は何年分やったらいいの?』、『実践問題集は何をやったらよいの?』という質問にお答えしたいと思います。

時間に余裕のある方は合わせて動画もご覧ください。(5:31)


センター試験過去問は何をやればいい?

書店では様々な種類のセンター試験か来問題集が売られています。

赤本、黒本、青本が有名ですね。

武田塾推奨過去問は河合塾の『大学入試センター試験過去問レビュー』通称『黒本』です。

おすすめ理由は解説量が多いからです。

理系科目の場合は、解説の好みによっては駿台の『大学入試センター試験過去問題集』(青本)を使うのもアリです。

武田塾ではセンター試験の過去問は10年分は解いてもらいます。

10年以上やっても良いのですが、問題の傾向が変わってきますので、あまり意味はないかと思います。

また私大受験の生徒でセンター試験にあまりウェイトが高くない生徒は5年分くらいで十分です。

理系生徒は注意!!

理系の生徒は黒本や青本を買っても、旧課程の部分は解けないという事があります。

その場合は、各予備校が発行している実践問題集でセンター試験対策をしましょう!!

各実践問題集はどれをやっても同じ?

実践問題集
単刀直入に言うと各予備校により難易度は大きく違います。

簡単グループ
河合
東進
代ゼミ

難しいグループ
駿台
Z会

武田塾おすすめの方法は・・・

前述しましたが、各予備校によりセンター実践問題集は難易度が異なります。

したがって解く順番を間違えないでください。

武田塾ではまず河合をやり、その次にZ会という方法を採用しています。

Z会は『本番よりも難しい』を売りにしていますので、難しい年に当たっても慌てないよう対策ができます。

また理系科目の場合、駿台の実戦問題集の解説が分かりやすいので、『文系科目はZ会、理系科目は駿台』と使い分ける方法もアリです。

予想問題集、センターパックってどうなの???

センターパック
このセンターパックは全科目が1回分収録されており、本番さながらのテストが出来ます。

しかしこのセンターパックはかなりの曲者です。結構難しいです。

難しい理由は、各予備校が本気で問題を当てに行っているからです。

つまり、問題の構成や難易度バランスはある程度無視して、ただただ今年出題されそうな問題ばかりを詰め込んでいます。

その為、受験生の盲点をついたような問題が多くなります。

したがって、このセンターパックを解く目的を明確にするべきです。

「一通りの対策を十分に終わらせたが、もしかしたら穴があるかもしれない」

「9割、満点取るために多少変わった問題も解いておきたい」

というような受験生にはおすすめです。

まだ基本的な対策が終了していない受験生は、この予想問題集を解くことはおすすめしません。

余計な不安が増えたり、自信を無くしてしまう可能性が高いです。

最後に。

センター試験関連の参考書は様々売られていますが、目的も千差万別です。

自分の目標点数に応じて使い分けて下さい。

 

【港区・品川区・大田区で予備校・学習塾をお探しなら武田塾田町校】

TEL:03-6453-8351(お問い合わせはお電話にて!)
URL:http://takedajuku-tamachi.com/
Twitter:https://twitter.com/takeda_tamachi(随時更新中!)
アクセスはこちら

90秒で分かる武田塾!!

武田塾についてもっと知りたいという方はこちら!!
advantage_banner

武田塾公式ブログはこちら!!
 13393493_274344442916005_1004892835_n (1)

武田塾チャンネル|参考書のやり方・大学受験情報 – YouTube

youtube

うれしい受験情報をお届け!!
もしよければ登録お願いします。
友だち追加数