A.「どうやったら最も楽に合格できるか?」に徹底的にこだわっています。わかりやすさ、網羅性、確認のしやすさ、レイアウトなどを総合的に考えて最もいい参考書を選んでいます。