videogame_boy1-300x236

皆さん、こんにちは。
港区三田の武田塾田町校、校舎長の福山です。

今回は受験相談で保護者様から質問された「息子のゲームをやめさせるにはどうしたらよいですか?」についてお答えしていきます。

 

回答.毎日同じ量、同じ時間にやるというルールを設ける。

 

答えはものすごく簡単なんです。
毎日ゲームをしている息子さんにこう言いましょう!!

「今日もゲーム3時間やるんなら、明日も必ず3時間やってね。」

「ゲームするなら家に帰ってからすぐに、ご飯の前までゲームをしなさい!!」

もしゲームをしていなかったら、
「なんで今日はゲーム3時間やらなかったの???」

「なんでご飯の前にゲームやってないの???」

このように言ってあげると、最初のうちは喜んでゲームをしますが、次第にやらなくなっていきます。

この方法は、ゲームでも、スマホでも、マンガでも、テレビでもなんでも応用できます。

もちろんお父さんの禁煙やダイエットにも効くはずです。

このことは『スタンフォードの自分を変える教室』(大和書房)の中で行動経済学者ハワード・ラクリンの先延ばしを防ぐ方法として紹介されています。

受験本ではないですが、受験に役立つ新情報満載です!!

 

もしかして「ゲーム」と「勉強」を逆に言っていませんか?

多くの親御さんはついつい逆のことをやってしまいがちです。

人は禁止されるとやりたくなり、ルール(ノルマ)を課されるとやりたくなくなります

ちなみに東大生は受験生の頃、親から「勉強しなさい」とあまり言われなかったそうです。

「それじゃ、なんて声を掛けたらよいの?」と思われますよね?

基本的に放っておきましょう(笑)。 ※塾・予備校にお任せ下さい。

 

それでも何か言いたい!!う~我慢できない!!

 

そんな時は・・・。

成績が上がったタイミングで一緒に「嬉しいね」と喜ぶだけで十分ではないでしょうか?

勉強で大事なことは、すぐに成果が上がらなくても我慢し継続することです。
※詳しくは【勉強量と効果の関係】で解説します。